スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ

映画感想(アメコミ・SF系中心)
12 /24 2017
第1週の日曜に行ってきました。もちろん満員御礼でした。

前作で不満だった点が少し修正されているようでした。
・BB8がエンジニア等の仕事をちゃんとしていた。
・フィンはライトセーバー使わない(とはいえ今後誰でもジェダイになれる新設定が発生しそう…)

そして、今回のMVPと言えそうなルークがかっこよく去ってくれたので、ここは評価したいなと思います。

以下はダメ出しが多くなるので追記にします…よろしければ。
レイアは宇宙に投げ出された時点で終わりにした方が、中の人の事情的にも良かったのでは。各回一人ずつ旧キャラ退場というつもりだったのかもですが。
まあせっかく撮った遺作だからそのままにしたいというのもあったかも… GOTGのヨンドゥの感動場面を思い出すだけに。

紫髪の人必要か?ただでさえ前作からキャラが多くてさばききれていない感があったのに、さらに今作でもモリモリ追加してきて明らかに容量オーバー。
ローズはアジア圏のおじさん層には特に不評でしょうね…ビジュアル的に。欧米人から見たら造作の違いがわからないのかな…
お姉さんの方が美人なのに。フィンの恋愛相手を出してくるのはむしろ歓迎だと個人的には思いますが、(すみませんがレイフィンがあまり好きではないので…次回3角関係になったら失笑ですけどね。)

ポーとBB8は癒されました。この2人の組み合わせをもっと売り込んでも良い。
というかレイとポーはラストでやっと挨拶?メインキャラ同士がここまで絡まないのってホント雑。前回の基地で挨拶くらいはしてなかったのか??

作戦がほぼ全て失敗するのは、見ている方のフラストレーションがたまりますね。
ステルス機能も攻撃力もない船で逃げるのは、普通そっちを狙われるに決まってるじゃん…バカなの?スタッフの正気を疑うレベル。
基本的なアクションもののつくりとして稚拙な感じです。

スノークがあっさりやられすぎで説明もないし、何なんですかあの人は。
レイは本当に酒のために売られたのか?EP7でルークのセーバーを触って見た記憶?のシーンからすると、レイはオビワンの関係者と思われますが、そこも持ち越しですかね。
ゴーグルおば様もこじつけでやっと出番があった感じですし…ほんっとにキャラが多すぎるんだよいい加減にしろ!!結局これに尽きます。
このとっ散らかり様ではレイの出自が次回で回収されるかも怪しくなってきますが。とにかく、もっとキャラと話をブラッシュアップ・スリムアップして欲しいですね。今更可能なのかは微妙ですけど。
レイとカイロレンについては、まあそんなに不満はないかな…これだけ繋がってるなら他人とは思えない。何かしら因果があるでしょ。

フォースが誰にでもあるもので誰でもヒーローになれるというスタンス自体は現代にあっていると思いますし、それでかまいませんが、映画としての最低限の面白さのレベルは欲しいですね。
不要な要素を巧くカットするのはストーリー・テリングにとても大事な要素では。SW+ディズニーですし、利害関係が多すぎて話の流れやまとまりがおざなりになっている感じ。
次回のJJ監督版はせめてアクション面は、EP7のようにまともであるといいですが。

まあ色々書いておりますが、SW世界のビジュアル要素を見るだけでそこそこ楽しめますし、ルークの最後の華や、BB8の可愛さも堪能できるので。次作も観に行くと思いますよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。