FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パディントン

映画感想(アメコミ・SF系中心)
10 /28 2017
フィギュアのジャパンオープンで2の宣伝をしていたので見てみました。珍客(読み書きできるリアル熊)とバラバラの家族との交流を通して、家族の絆が強まるという超王道。子供向けですが、イギリスのシュールブラックコメディー色がなかなか強い。ナチュラルに失礼なクマ版Mr.ビーンですね。
パディントンの声は結構おじさんぽいので(声優さんの年齢は意外と若かったですが)ビーン感が強まります。バスタブで階段を降りてくるギャグは昔絵本で見たような…パディントンだったのかは憶えてなかったですが。
一番面白かったのがブラウンさんが地理学者協会に掃除のおばさんになりきって潜入するところですね^^責任者が本気で美人だと思っているのがボケにボケを重ねてくる状態で最高でした。
かつて友好を結んだ探検家の娘が天敵になっていたというのが、すごくイギリスらしい皮肉。でも親と正反対に育ってしまう事もあるのは現実にもあるかな…納得できない展開では無いです。最後のお約束的なお仕置きは、ニコールキッドマンさんも頑張ってるなあと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。