スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクター・ストレンジ感想

映画感想(アメコミ・SF系中心)
02 /14 2017
映像は見てもよさそうだなーと思って行きました。作り手が観客をいかに楽しませるかをよく考えて作っている熱意が感じられて、好感が持てました。

カンバーバッチ氏の存在感はやはりすごい^^前知識はDWアベンジャーズでストレンジの紹介を少し見ていた程度で、なんだか怪しいおじさんだなあという印象でした。今作では医療ドラマ張りのエリート男子がすべてを失って、徐々に新しい道を開いていく流れがテンポよく、かつ無理なく進んで言った感じです。道着?の服装で変化をつけるのはビジュアルにもわかりやすくてよかったですね。心理や哲学的なテーマに結構斬り込んでいますので、人間味も感じられます。現実世界との行き来がちょこちょこ良いタイミングで行われているので、程よく現代的なテイストも入ってきますしね。

一点残念なのは、魔王対決の扱いですね…魔王にタイムループが効くのがちょっと簡単すぎるのでは。時空を超えた存在じゃないんでしょうかね…原作には説明があったりするのでしょうか。タイムループはメインテーマとして扱ったオールユーニードイズキルがなかなか良かったので、その印象を持っているとチープかなあと。

とは言えそれ以外の要素が個人的には気に入ったので、目をつぶっていいなと。
万華鏡のような異次元や、時間を戻していくときの演出もすごいですね。映画館で見て損なしと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。