FC2ブログ

マイティ・ソー バトルロイヤル : ローガン・ラッキー

映画感想(アメコミ・SF系中心)
11 /20 2017
マイティ・ソー バトルロイヤル

今回はGOTGとの繋がりも入っていたのでカラフルなSF感も加わっています。
ギャグがふんだんなので、観客の笑いどころが多かった^^ 「助けてー」のギャグはネタバレが無い方が面白かったかも。
今後はムジョルニア無しなんですかね…覚醒する辺りでニュームジョルニア出てきても良さそうでしたけど。隻眼属性が加わったもののハンマーアクションが無いとちょっと物足りない気が。

そして、四天王が在庫一掃されてしまったのが残念。アスガルドの民を守る事が一番大事、アスガルドは土地ではなく民である、というのが落としどころですが、
また大河引用になりますがおんな城主直虎ですごく丁寧に領主と民との関わりが描写されていたので、(まあ長尺ドラマと比べるのも野暮ですが)
ソーとアスガルド市民とのつながりをもう少し描写していてほしかった気がしますね。今までを振り返っても人間界との絡みの方が多いという。
四天王がその代表的存在だったかもなのに、あっさりソーにも見せず退場させましたし。折角のカール・アーバンも今回きりと思われるのが残念かな。

そしてジェーンはもう出す気が無いのか…本当にフェードアウトなら1,2の展開が無駄になるんじゃと思いますが。ペッパーは距離を置いた後復活してますけどね。
ソーでは一番人気があるのがソーロキ兄弟界隈なので、そこに重点は置いているので細かいことを気にしなければ楽しめますけど^^
でもやはり、他のMCU作品に比べると大味気味だったかなーという印象でした。


ローガン・ラッキー

上映時間が不便な時間になる前に行きたいなと思い、公開初日になりました。
ダニエル・グレイグやアダム・ドライバーなどメジャーどころの役者さん達も交えつつ、全体的に皆さんいい味を出していますね。
クライムムービーですが流れている空気はどこかほのぼのしており、アメリカの内陸部・ウエストバージニアという土地が舞台になっている効果でしょうか。
カントリー・ロードはこの地方から生まれた曲なんですね。

医療保険がないアメリカでは、地方巡業をほぼ慈善でしている医療従事者がいるんですね…そして障害があると保険がかかるという理由で解雇されたり…
かなりアメリカにとって根深い問題じゃないかなと思います。そんな現実的な面も知ることができます。
作戦自体は正直ザルだらけで、やられる側の詰めもかなり甘い印象。お金集めているところにせめて監視カメラはないのか?とか突っ込みどころはありますが、これもアメリカらしい大味という感じで。
F1のシーンはおまけ程度。まあカーチェイスはアクション系の映画で必須要素的にいつも見ているので無くても全然OKです。

クライムの場合主人公たちに感情移入できなくて苦手な作品もありますが、今作は十分感情移入できました。
事件の後の捜査の部分にも結構尺がさかれていて、どうなるのかちょっとじりじりするところもありました。
実は目当ては数分だけ登場のセバスチャン・スタンだったのですが、日本文化好き?キャラがなかなかシュールでした^ ^中の人もローフィッシュ食べれるのかな?

スポンサーサイト

マーベルフューチャー・アベンジャーズ#14

2017-少年系アニメ感想
11 /01 2017
クロエ回とは言え、なるべくマーベルキャラを紹介する役割を持つアニメなので、ミズ・マーベルが実質主役だったかな。マベツムをかなりまったりやっていますが、丁度最近ミズ・マーベルを引いていたので、キャプテンマーベルっぽいのが他にもいるんだ…と、少々混乱したのでどういうキャラなのかわかって良かった^^
最初はキャプマベの色合いをまねた姿だったので、人種的なコンプかなーでも本家のが美人だしなあ、褐色の肌がこの子の顔には合うのになーと思っていたらちゃんと真の姿に進化して良い感じでした。自分の人種に誇りを持つこと大切だと思います。女子学生特有のテンション高い感じも良かった^^
プリキュアをかなり見ている勢なので、今回のローティーン女子ペアはとっつきやすかったですね。ガチムチさんが活躍するのが勿論アメコミの真骨頂なんですが、こういうのも時々は良いと思う。
戦闘能力のある相方を見るとやはり、クロエの能力はがもっと戦闘に活かせるものの方がいいのかなと思いますが、ブラックウィドウも特殊能力持ちではないですしバランスですかね。主人公はマコトですし。
次回のステバキも楽しみです^^